考えられるアパート経営のリスクはどんなものがあるのかをしっかりと把握しておきましょう!

アパート経営は土地と建物を購入することになりますので、区分型のマンション経営と比較すると、購入金額が大きくなるのがデメリットです。その他にもリスクとして想定できるものがあります。投資においてリスクを軽減することがとても重要なことになりますので、よく理解しておきましょう。

■融資を受けた金融機関のリスクが上がる
景気を上げることに政府が躍起になっていますので、無視をすることができないリスクです。インフレになればお金の価値が下がり、金融機関も金利を上げることが想定されます。そこで借入をしていた場合、変動型金利であれば、返済額がアップすることがあります。

極端に上がることは考えにくいですが、計算していた利回りが下がることが予想されます。

■賃貸管理をしている会社の倒産
個人で賃貸管理をすることもできますが、多くのアパート経営をしている方は、不動産管理会社に任せています。その会社が倒産するようなことがあれば、敷金や礼金、そして家賃まで回収することができなくなることも。そのようなことにならないためにも、信頼できる不動産管理会社に依頼しましょう。

■災害のリスク
これは誰にも予想することはできません。特に地震が起きると建物の被害も想定されます。また住居者の不始末が原因で火事が起きる可能性もあります。そのようなリスクがあることを知って、保険でカバーすることが求められるでしょう。

■それらすべてに対策がある
リスクは予定を崩す要因になってしまいますが、ほとんどが想定することができ、もしものときに対処する方法があります。それをしっかり前もって練っておくことも、アパート経営者として大切な考え方です。対策ができますので、準備は怠らずしっかり練っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ