新築、中古アパートならではの経営をしよう

アパート経営を始めるにあたっては、アパートをどうするかが大切です。大抵は新築をしないとできないなんて、思っている人が多いです。しかし、アパートは中古のものでも、購入してみて、それを利用する手もあります。どちらにしても、起動に乗れば入居希望者を集めることはできるのです。

■新築で経営を始めるときには
アパート新築で始めるときには、まず土地の有無があります。たとえ持っていなくても、土地を購入してから、建てるケースもよくあります。ですので、不動産業者と相談しながら、立地条件のいい土地を探してから建てるとより経営がスムーズになるかもしれません。

アパート建設をするときには、金融機関からローンを借り入れして進めます。だいたい8割前後借り入れられるので、あとは自己資本をしっかりと、用意しましょう。工事は不動産業者と建設会社と連携して、進められていきます。完成後は不動産業者に広告をだしてもらい、入居希望者集めに協力してもらいます。

■中古で経営を始めるときには
中古で経営を始めるときには、アパートの購入から始まります。新築に比べると、建設費がかからないので、かなり安く済みます。また入居者がすでにいるで、入居希望者が集まらないリスクを避けられます。ただ、中古なので、アパートのメンテナンスや維持には、新築よりも手間や費用はかかります。

より丁寧に設備のチェックをすることも必要です。

■最後に
どちらにしても、今では入居希望者は集められます。また管理も自身でするのか、また管理会社に委託するのか、新築でも中古でも選べます。新築か中古かよく検討して、経営を始めていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ